スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男性殴られ電車に接触、重傷=携帯でトラブルか、男逮捕―東京(時事通信)

 14日午前8時ごろ、東京都新宿区の西武新宿線高田馬場駅で、「電車と人がぶつかった」と119番があった。警視庁戸塚署によると、杉並区の男性会社員(49)が男とトラブルになり、殴られて倒れた際にホームに入ってきた電車と接触し、右腕骨折などで1カ月の重傷を負った。
 同署は傷害容疑で、東村山市栄町、会社員松川弘容疑者(45)を現行犯逮捕。「注意したのに文句を言われ、かっとなった」と述べ、容疑を認めているという。
 同署によると、男性が満員状態の上り電車内で、携帯電話を操作していたため、同容疑者が「マナーを守れ」と注意。2人は高田馬場駅で下車して言い争いになり、同容疑者が男性の顔を1回殴った。男性は殴られた拍子にホームで倒れ、入ってきた下り電車と接触したという。 

【関連ニュース】
生徒の母、府立校で刃物=教頭軽傷、現行犯逮捕
アイスピックで74歳男性襲う=強盗傷害容疑で男逮捕
回転ずし店に車突っ込む=客14人重軽傷
腕骨折も病院未受診か=「自分で買って素うどん作る」
23歳男と女子高生逮捕=警察官に重傷負わせた容疑

ふるさと切手の販売一時中止=北方領土の一部欠落―日本郵便(時事通信)
<車上荒らし>大分県警警部、40人分の捜査メモ盗まれる 潮干狩りに出かけ(毎日新聞)
<労災申請>精神疾患、初の1000件超 認定は減少傾向--09年度厚労省まとめ(毎日新聞)
介護、医療を柱に雇用創出 菅首相の経済政策見えてきた(J-CASTニュース)
水田に軽飛行機墜落、搭乗の男性重体 茨城・筑西(産経新聞)
スポンサーサイト

歯の知覚過敏 原因の「酸蝕歯」食事で予防を(産経新聞)

 冷たいものが歯にしみる「知覚過敏」。歯の象牙質が露出し刺激が伝わり、不快な症状が起こる。原因の一つに、食品や飲料の酸により歯のエナメル質が溶ける「酸蝕歯(さんしょくし)」がある。酸蝕歯は食生活を工夫することで予防できる。明日6月4日から歯の衛生週間。できることから、始めてみませんか?(津川綾子)

 「ビリッと歯がしみると、背筋までヒヤッとする」。東京都練馬区の女性会社員(29)は数年前から、好物のアイスや冷えたフルーツを慎重にほお張るようになった。常に痛いわけではなく治療はしていないが、「思い切り食べられないのがつらい」と話す。

 ◆健康飲料のはずが…

 「実は誰でも知覚過敏になる可能性がある」と、塚原デンタルクリニック(千代田区)の塚原宏泰院長は明かす。知覚過敏は歯の象牙質の露出によって起こるが、その原因はさまざまだ。まずは虫歯や歯周病などの病気がある。このほか、加齢で歯茎が下がったり、ストレスから歯をくいしばり、その力で歯の覆いとなっていたエナメル質が欠けたりして象牙質が露出し、そこから刺激が伝わってしみてしまう。

 中でも知覚過敏の原因として盲点なのが「酸蝕歯」だ。口の中は通常、中性(pH7)。だが、「清涼飲料水や健康ドリンクはpH3前後で酸性が強い。歯のエナメル質が溶けるのはpH5・4以下とされ、口の中が酸性のままだとエナメル質が溶け、象牙質の露出を招く」と塚原院長。特に最近は健康ブームで酢を常飲する人が増え、エナメル質を溶かし知覚過敏を訴える人もいるという。

 冒頭の女性のように酸っぱい柑橘(かんきつ)系の果物を好む場合も「知覚過敏に注意が必要。飲食の後は、水で口をすすぐようにしてほしい」という。

 ◆具材多め、大切りに

 知覚過敏の原因ともなる「酸蝕歯」の予防は、食事の工夫でも取り組むことができる。鍵となるのが、唾液(だえき)の分泌だ。唾液は安静時はほぼ中性(pH7前後)で、食事により酸性に傾いた口の中を中性に戻す働きがある。

 料理研究家で「高浜デンタルクリニック」(千葉市美浜区)の田沼敦子院長は「噛(か)むほど唾液の分泌が促される」として、噛む回数をおのずと増やすメニューを提案している。

 料理のポイントは、(1)具材を大ぶりに切る(2)食材を多めに組み合わせる(3)薄味にする(4)水分を減らす-など。「レトルトカレーでも、そのまま食べずにキノコや根菜、シーフード…と具を増やすほど、噛む回数が増える」。水分の多いものは噛まずに飲み込めるが、大きな具や水分が少なく繊維が多い乾物などは、自然とよく噛まなければならなくなる。

 これらを踏まえ、田沼院長から初夏に合うメニューを提案してもらった。

 乾物の車麩(くるまぶ)やゴーヤなど多様な食材を一度に口に含めば、噛むほどに味わいが変化し、噛む回数も増える。このほか、水菜やキュウリの細切りなどと、青ジソ、カニかまぼこを生湯葉(なまゆば)で巻く一品もおすすめだ。生野菜は噛む回数を増やすが、生湯葉巻きにすれば、よりおいしく食べることができるという。

 ■象牙質が露出し神経を刺激 虫歯や歯周病になりやすく

 歯がしみるような不快感は、なぜ起こるのか。

 歯は層をなし、外側のエナメル質が殻のように象牙質を守り、刺激が歯の内側に伝わらないようになっている。しかし、歯の根元のエナメル質は薄く、はがれたり溶けたりするほか、歯茎が下がることもある。こうして象牙質が露出し、象牙細管を通じて歯髄神経に刺激が伝わる。知覚過敏が歯の根元で起こりやすいのは、こうした理由からだ。

 知覚過敏になると歯磨きがしにくくなり、虫歯や歯周病になりやすい。最近は歯がしみるのを防ぐ硝酸カリウム配合の薬用はみがきもあり、利用するのも一手だ。

【関連記事】
あごのズレ 無意識に歯を食いしばりすぎて様々な症状が
人の見た目は歯が命? ライオンが意識調査
子供の口周りで気になるのは虫歯
コンビニより多い!? 歯医者さんはつらいよ
インプラント“使い回し”広がる波紋 問題医師は自殺未遂

「あーん」虫歯予防デー、カバも歯磨き 和歌山(産経新聞)
小沢氏、残る起訴の可能性(産経新聞)
生活保護費詐取事件 元代表、名前複数使い分け(産経新聞)
小林陣営の選挙違反事件 労組丸抱えの運動(産経新聞)
「赤い靴」の女の子像完成…異人さんの国へ贈呈(読売新聞)

国道側溝に切断された両足=死体遺棄事件で捜査―新潟県警(時事通信)

 25日午前10時35分ごろ、新潟県村上市葡萄の国道7号朝日トンネル付近の側溝に人間の両足があるのを男性会社員(58)が見つけ、110番した。状況から切断されたとみられ、県警捜査1課などは死体遺棄事件とみて捜査を始めた。
 同課によると、見つかった両足はいずれもひざ付近で切断されており、側溝に沿って平行に並んでいた。近くには布で包まれた塊が見つかり、中身を確認している。 

【関連ニュース】
不倫清算で殺害か=逮捕の男、離婚進めず
母の遺体、自宅に埋める=遺棄容疑で息子逮捕
燦HD子会社役員を逮捕=女性社員の遺体遺棄容疑
乳児遺棄で母親逮捕=埼玉県警
道路脇に男性遺体=死体遺棄容疑で捜査

障害者施設入所女性に乱暴、元支援員に実刑判決 千葉地裁(産経新聞)
皇太子さま、淡路島を訪問(時事通信)
口蹄疫被害の中小企業支援=経産省(時事通信)
福島氏に辞任促す=北沢防衛相(時事通信)
取り調べ監督官 不適切行為14件発覚 警察の新制度で(毎日新聞)

<淀川女性遺体>「息子引き取りたい」職求め全国転々(毎日新聞)

 大阪府高槻市の淀川堤防斜面で先月29日、遺体で見つかった宇野津由子(つゆこ)さん(当時36歳)は派遣切りで職を失い、今年初めまで大阪府松原市の雇用促進住宅で暮らしていた。「住み込みの仕事が見つかった」と大阪府豊能町に越したが、わずか数カ月後、遺体で発見された。事情があって子どもと離別し、派遣労働者として各地を渡り歩いていた。「お金をためて、いつかは子どもを引き取りたい」。知人に漏らしていた夢がかなうことはなくなった。

 知人らによると、宇野さんは離婚後、福岡市のアパートで生まれたばかりの息子と2人で暮らしていた。しかし、家賃を滞納し部屋を飛び出した。その後、長野、愛知などを転々とし、部品製造工場などで派遣労働者として働いた。その間、息子は施設に預けた。

 08年末、景気悪化で派遣労働者の解雇が相次ぎ、「年越し派遣村」が設置されるなどした。宇野さんも愛知県で「派遣切り」に遭い、09年1月、職探しの間、低家賃で住める松原市の雇用促進住宅に移り住んだ。4畳半と6畳の和室2間で家賃は約2万円。引っ越しの際、宇野さんは衣服が入ったかばん二つしか持っていなかった。

 自治会長の男性(68)は「何も持っていなかったので、こたつや蛍光灯をあげた。その日の食べ物にも苦労している様子だった」と振り返る。

 派遣先で知り合った女性2人が後から越してくると、宇野さんは「こたつもあるし、お金も節約できるので一緒に住もう」と提案し、部屋に招いた。このうちの1人で沖縄に住む女性(23)は「彼女はよく笑う明るい人だった。『いつかお金をためて子どもを引き取りたい』と言っていたのに……。事件に関与した人は許せない」と言葉を詰まらせた。

 女性2人は実家に帰った。自治会長の男性によると、残った宇野さんは寂しそうだった。しかし今年に入って「住み込みの仕事で豊能町に行く」とうれしそうに報告してきたという。

 それから約3カ月後、宇野さんは遺体で見つかった。15日、宇野さんは大阪市内で荼毘(だび)に付された。実父らが見送った。

<育毛剤>毎日新聞記者が体験…生える場所は選べず(毎日新聞)
地域活性化 廃校の県立高、私立一貫校に転用 埼玉・加須(毎日新聞)
拉致と安保を議論、23日シンポ(産経新聞)
大学講師が「リポート代行業」…“回数券”も(読売新聞)
首相動静(5月11日)(時事通信)

<囲碁>羽根の先手番で火ぶた 本因坊戦第1局(毎日新聞)

 羽根直樹本因坊(33)に山下敬吾天元(31)が挑む第65期本因坊決定戦七番勝負(毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第1局が11日、北海道小樽市のグランドパーク小樽で始まった。

 3連覇を目指す羽根に対し、山下は本因坊初挑戦。だが、山下は昨年の天元戦、今年の棋聖戦、十段戦に次いで4回連続のタイトル戦登場。現代囲碁界を引っ張る両雄がどんな碁を見せてくれるのか。「ニギリ」の結果、羽根の先手番で戦いの火ぶたが切られた。【金沢盛栄】

【関連ニュース】
囲碁:本因坊決定戦第1局 11日から北海道小樽市で
囲碁:アジア大会へプロ棋士派遣
囲碁:早慶、15回の授業で単位取得
囲碁:飛田さんが女流アマ選手権初優勝
羽生善治王将「大きな勝負が続くので頑張りたい」

中畑氏、絶好調男の決意…たちあがれ日本から比例出馬(スポーツ報知)
多摩川 アユの遡上ピーク(毎日新聞)
米は地元合意を見極め、協議長期化の見方も(読売新聞)
性被害、親に言えず…教え子暴行発覚せず20年(読売新聞)
財政健全化と社会保障改革は密接不可分―民主研究会が公約案(医療介護CBニュース)
プロフィール

ほんじようひでひこ

Author:ほんじようひでひこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。